ヤコブ・シュパーン/チェロ

c0138836_153289.jpg
ヤコブ・シュパーン/チェロ
7才よりチェロを始める。ベルリン・ハンスアイスラー音楽大学にて、D.ゲリンガス、C.ボホルケス両教授のもとで研鑽を積むほか、各地のマスタークラスにて、F.ヘルマーソン、B.グリーンハウス、S.イツァリス、ヨーヨー・マの指導を受ける。ベルト=ホールド・フンメル・チェロコンクールにて優勝するほか、数々のコンクールにて上位入賞。2010年のミュンヘン国際音楽コンクールにおいては、アリス・ロスナー協会特別賞を受賞した。室内楽奏者としての活躍もめざましく、これまでに、ヴォルフガング・マイヤー、レオニード・カヴァコス、ハインツ・ホリガー、内田光子、ラン・ランなど多数の世界的音楽家と共演している。現在は、ベルリン・フィルハーモニーのカラヤン・アカデミーを経て、ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場にて第一首席奏者を務めている。
[PR]
by d_kammersolisten | 2013-05-16 15:04 | 講師履歴