ダミアン・ヴェントゥーラ/チェロ

フランス・トゥールーズ生まれ。2013年よりベルリン・ハンスアイスラー音楽大学教授に就任したダミアン・ヴェントゥーラは、数々のCD録音、コンサートなど、ソロ、室内楽を問わず、ヨーロッパの内外で活躍中のチェリストである。
L.クラレット、B.グリーンハウス、L.レッサー各教授に学んだ後、ベルリンにてB.ペルガメンシコフ教授のもとで研鑽を積む。アンドレ・ナヴァラ国際コンクールで入賞するほか、2005年には、フランスで最も活躍したクラシック音楽のアーティストに贈られる「フランス音楽大賞・Victoires De La Musique」にノミネートされた。他にも、ピアティゴルスキー音楽協会、シンガー・ポリニャック協会、また、「ジェネレーション・スペディダム2010」より表彰されるなど、多数の受賞歴を持つ。
ソリストとしては、ベルリン交響楽団、マンハイム室内管弦楽団、トゥールーズ室内管弦楽団などと共演、また、室内楽奏者としてもロンドン・ヴィグモアホール、ライプツィッヒ・ゲヴァントハウス、ロッケンハウス音楽祭、プラド・パブロ・カザルス音楽祭、オランダ・ミュージックセッション、クアラルンプール室内楽フェスティヴァルなどに出演。B.ヘンドリックス、C.ツァハリアス、F.ヘルマーソンなど世界的演奏家との共演は、各紙において大きな反響を呼んだ。
c0138836_15331910.jpg

[PR]
by d_kammersolisten | 2013-11-18 09:10 | 講師履歴