<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大変長らくお待たせしていました、ドイツカンマーゾリステン講習会2008の子細情報をお届けします。

2008年度ドイツカンマーゾリステン講習会では、ドイツ各地のオーケストラで活躍し、また音楽大学で教鞭をとる若手演奏家たちから、音楽的技巧や実践を中心としたきめ細かな指導を受けることができます。また、カリキュラムに組み込まれた、講師とともに演奏しながら学ぶ室内楽レッスンでは、その時代における作曲家の曲の背景、演奏スタイルだけでなく、アンサンブルの際のテクニックを中心に学んでいただきます。それぞれのクラスの講師より選ばれた方々には、8月7日に中部楽器技術専門学校小ホールで行われる「スチューデントコンサート」でソロのレッスンの成果を、8月8日に名古屋電気文化会館ザ・コンサートホールで行われる「講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」では、室内楽レッスンで習得した成果を披露していただきます。
音楽の本場ドイツで活躍する音楽家たちからたくさんのことを学び、未来への飛躍の糧にすることのできる絶好の機会です。ぜひご参加ください。

講師:シャンドーア・ガルゴッツィ(ヴァイオリン/レーゲンスブルグ交響楽団コンサートマスター)
   吉田馨(ヴィオラ/オスナブリュック交響楽団首席奏者)
   
   飛田勇治(コントラバス/南ヴェストファーレンフィルハーモニー元第二首席奏者)
   コンラード・マリア・エンゲル(ピアノ/ソリスト・ハノーファー音楽大学講師)
開催期日:2008年7月28日(月)〜2008年8月8日(金)
開催場所:ナディアパーク7F 名古屋青少年文化センター
     中部楽器技術専門学校(名古屋市昭和区阿由知通3-13-6、Tel.052-741-6788)
主催:ドイツカンマーゾリステン
特別協賛:中部楽器技術専門学校
協賛:ルフトハンザドイツ航空会社/ブラザー工業株式会社

レッスン内容:個人レッスン(60分) 2回、室内楽レッスン(90分) 1回
受講資格:専門的な音楽家、音楽家を目指す小中学生、音楽学校の学生、あるいは音楽愛好家を対象としています。
募集人数:各クラス12名
お申し込み方法:090-6464-8216までお電話をいただくか、d_kammersolistenアットマークyahoo.co.jp (アットマークの部分を@に変えてください)までメールでご連絡ください。
お申し込み期限:2008年6月30日(月)
受講料:55、000円(税込み)
受講生によるコンサート:8月7日午後3時より中部楽器技術専門学校小ホールにて「スチューデントコンサート」、8月8日午前10時半より名古屋電気文化会館ザ・コンサートホールにて「講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」を開催いたします。それぞれのクラスより、講師に選ばれた方々に出演していただきます。
伴奏者:「スチューデントコンサート」に出演される方の伴奏は、講習会専属の伴奏者がいたします。尚、伴奏者をつれての受講をご希望の方は、お申し込みの際にその旨をお伝えください。
通訳について:エンゲル(ピアノ)のクラスは英語で、ガルゴッツィ(ヴァイオリン)のクラスはドイツ語で進行されます。通訳が必要な方は、申し込み用紙に必ずご記入ください。

*案内冊子をご希望の方は、090−6464−8216までご連絡下さい。
[PR]
by d_kammersolisten | 2008-03-19 07:52 | 2008
こちらドイツは3月も半ばとなり、ずいぶん暖かくなってきました。
長く、暗い冬が終わりを告げ、毎日どんどん日が長くなってきているのが感じられます。
もう、春はすぐそこまで来ています。

さて、8月8日の電気文化会館でのコンサートに加え、ドイツカンマーゾリステン2008の演奏をみなさまに聞いていただく機会が、もうひとつ増えました。

時:8月1日(金)午後7時開演(午後6時半開場)
場所:宗次ホール( 名古屋市中区栄4丁目5番14号 TEL:052-265-1715)
出演:シャンドーア・ガルゴッツィ(ヴァイオリン)
   吉田馨(ヴィオラ)
     
   コンラード・マリア・エンゲル(ピアノ)
プログラムは、
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのためのデュオ ト長調 KV423
ブラームス:チェロとピアノのためのソナタ 第1番 ホ短調 作品38
シューマン:ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
チケットのお問い合わせ:宗次ホールチケットセンター 052−265−1718

モーツァルトのデュオはおおらかに、ブラームスは深く優しく、シューマンは人間の心のつぶやきが聞こえてくる、いずれも名曲ばかりです。310席というキャパシティーの中で、聞く人も弾く人も、お互いの息づかいが触れ合えるような時間を楽しめるプログラムです。
どうぞ、みなさまお誘い合わせの上、ぜひともお出かけください。
[PR]
by d_kammersolisten | 2008-03-19 07:08 | 2008