<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0138836_22131551.jpg


ドイツカンマーゾリステン2010では、室内楽コンサートを開催いたします。
ドイツカンマーゾリステン講習会2010での成果を、受講生の方たちとともに共演する形で発表するドイツカンマーゾリステン〜講師と受講生によるジョイントコンサート〜、そして、ドイツカンマーゾリステンのメンバーがお送りする、ドイツカンマーゾリステン室内楽コンサート〜古典からロマンを生きる ドイツ生まれの寵児たち〜です。
チケットは、昨年と同じように、一枚のチケットで2つのコンサートがお楽しみいただける、通し券となっております。
ぜひ、足をお運びください。


*2010年8月6日(金)午前9:45開場、10:15開演
ドイツカンマーゾリステン〜講師と受講生によるジョイントコンサート〜
場所:名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール(地下鉄東山線、鶴舞線「伏見」駅4番出口より東へ徒歩2分)
出演:ドイツカンマーゾリステンとドイツカンマーゾリステン講習会2010の受講生たち
曲目:ドイツカンマーゾリステン講習会2010の課題曲より抜粋

*2010年8月7日(土)午後6:30開場、7:00開演
ドイツカンマーゾリステン室内楽コンサート
〜古典からロマンを生きる ドイツ生まれの寵児たち〜
場所:名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール(地下鉄東山線、鶴舞線「伏見」駅4番出口より東へ徒歩2分)
出演:ドイツカンマーゾリステン
シャンドーア・ガルゴッツィ/ヴァイオリン
吉田馨/ヴィオラ
バーリント・ゲルゲリー/チェロ
飛田勇治/コントラバス
ニコラス・リンマー/ピアノ
曲目:L.v.ベートーベン ピアノ三重奏曲第4番変ロ長調「街の歌」作品11
   J.ブラームス ピアノ四重奏曲第1番ト短調作品25
   H.ゲッツ ピアノ五重奏曲ハ短調作品16

2日通し券 全席自由3、500円(一般・前売り) 4、000円(当日)
          2、000円(大学生以下)

チケットのお申し込み・お問い合わせ:ドイツカンマーゾリステン
Tel.090−8301−5204 d_kammersolisten☆yahoo.co.jp(☆の部分を@に代えて下さい。)
名古屋電気文化会館チケットセンター Tel.052−204−1133

主催:ドイツカンマーゾリステン
助成:財団法人 日本室内楽振興財団
後援:大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館
   ドイツ文化センター(京都)
   名古屋日独協会 「日本ライン」犬山日独協会
協賛:ブラザー工業株式会社
   ルフトハンザドイツ航空会社
協力:名古屋電気文化会館


諸事情により、曲目、出演者などを変更する場合があります。
[PR]
by d_kammersolisten | 2010-02-16 19:04 | 2010
ドイツカンマーゾリステンでは、2009年度に引き続き、2010年度も講習会を開催いたします。
2010年度ドイツカンマーゾリステン講習会では、ドイツ各地のオーケストラにてコンサートマスター、または首席クラスで活躍し、また音楽大学で教鞭を取る演奏家たちによる講習会を開催いたします。
レッスン内容は、計3回のレッスンのうち、2回がソロ、1回が室内楽のレッスンに当てられます。ソロのレッスンでは、音楽的技巧や実践を中心としたきめ細かな指導を受けることが出来ます。また、室内楽のレッスンでは、各受講者が課題曲の中から選んだ曲目を、講師とともに共演しながら学ぶスタイルを取ります。
室内楽は、各作曲家の音楽を知るための、最も有効な方法です。各楽器のソロのレッスンだけではなく、実際に他の音楽家とともに音楽を共有することで、音楽の本質に触れることが出来ます。演奏者同士、音楽を通じて対話が生まれるという、音楽家にとって最も大切なことを学んでいただくという点が、この室内楽レッスンの目的です。
ヨーロッパの音楽を志す子供たちや青少年は、子供の頃から、ソロの勉強に加えて、室内楽の重要さを強く認識し、熱心に取り組んでいます。ドイツカンマーゾリステン講習会では、日本で音楽を目指すみなさまに、日本に居ながらにして生のヨーロッパの音楽教育を体験してもらえるよう、上記のカリキュラムを組んでいます。
また、それぞれのクラスの講師より選ばれた方々には、8月5日(木)に名古屋青少年文化センター[アートピア]で行われる「ドイツカンマーゾリステン修了演奏会」でソロのレッスンの成果を、8月6日(金)に名古屋電気文化会館ザ・コンサートホールにて行われる「ドイツカンマーゾリステン講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」では室内楽レッスンで習得した成果を披露していただきます。
ドイツ音楽界の第一線で活躍する講師たちから、ソロ、室内楽ともに、音楽家になるための基盤になることの数々を学んでいただける絶好の機会です。ぜひご参加ください。


開催期間:2010年7月29日(木)~2010年8月7日(土)
開催場所:名古屋市青少年文化センター[アートピア]音楽練習室、及び、音楽スタジオ
     名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール
*各コースの内容:I.ソロコース(ピアノのみ)ソロレッスン60分×3回
         II.ソロ+室内楽コース(全クラス)ソロレッスン60分×2回+室内楽レッスン90分×1回
         III.室内楽特別コース(全クラス)室内楽レッスンのみ90分×2回
*受講資格:専門的な音楽家、音楽家を目指す小中学生・高校生、音楽専科の高校生・大学生、あるいは音楽愛好家を対象としています。
*募集人数:各クラス8名
*申込方法:付属の申込用紙に必要事項を書き込み、「ドイツカンマーゾリステン講習会申込書在中」と明記の上、下記の住所に郵送、または、d_kammersolisten@yahoo@co.jpまでメールでお申込下さい。後日、お申込の確認のご連絡をいたします。尚、7月10日までに確認の連絡がない場合は、d_kammersolisten@yahoo.co.jpまでメールでご連絡ください。
ドイツカンマーゾリステン代表 飛田勇治
〒175−0092
東京都板橋区赤塚3−20−7
Tel.090−8301−5204
Fax.03−3975−3147
*申込期限:2010年6月30日(水)
*受講料:各コースともに65,000円
お申込後、7月20日までに下記の振込先までお振り込みください。
みずほ銀行青葉台支店
店番号395
口座番号(普)2061630
ドイツカンマーゾリステン
*受講曲:各自で選択したソロレッスンで受講したい曲目1−2曲と、室内楽レッスンの課題曲の中から1曲を選び、申込用紙にご記入ください。 後日、主催者より楽章を指定する確認のご連絡をいたします。
*コースII、コースIIIに含まれる室内楽レッスンは、すべて、ドイツから来日する講師とともに共演しながら学ぶ室内楽レッスンです。各コースを組み合わせての参加も可能です。また、ご自分でアンサンブルを組んでの受講をご希望の方は、特別枠となりますので、メールにてお問い合わせください。
*受講生のためのコンサート:それぞれのクラスの講師より選ばれた方には、下記のコンサートに出演していただくことができます。
       8月5日(木)午後18時開演
         名古屋青少年文化センター[アートピア]
        「ドイツカンマーゾリステン修了演奏会」
       8月6日(金)午前10時30分開演
         名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール
        「ドイツカンマーゾリステン講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」
*伴奏者:8月5日に開催される「ドイツカンマーゾリステン修了演奏会」に出演される方の伴奏は、講習会専属の伴奏者がいたします。尚、講習会のソロレッスンには伴奏者はつきません。伴奏者を連れての受講をご希望の方は、お申し込みの際にその旨をお伝えください。
*通訳:レッスンは、ガルゴッツィ、ゲルゲリー、リンマー各クラスともに、英語、またはドイツ語で行われます。通訳が必要な方は、その旨を申し込み用紙にご記入の上、通訳料10,000円を受講料に添えてお振り込みください。
*レッスンの見学:ドイツカンマーゾリステン講習会のレッスンの見学は無料です。期間中のレッスン時間割をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
*レッスンの日程:レッスンの時間割は、なるべく受講者の方のご都合に合わせて調整いたします。特別なご要望がございましたら、その旨をお申込用紙にご記入ください。
室内楽レッスン受講課題曲

下記の曲目より一曲を選び、申込用紙に記入してください。楽譜はベーレンライター版か、ヘンレ版を使用してください。
バッハ 2台のヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043
ベートーベン 弦楽四重奏曲第3番ニ長調op.18-3
ブラームス 弦楽六重奏曲第2番ト長調作品36
シューベルト ピアノ5重奏曲「鱒」イ長調D667
シューマン ピアノ四重奏曲変ホ長調作品47
ベートーベン ピアノ三重奏曲第4番『街の歌』

講師紹介
シャンドーア・ガルゴッツィ/ヴァイオリン
7歳よりヴァイオリンをはじめ、ブダペスト・リスト音楽院にてバルトークカルテットのヴァイオリニスト、P.コムロス、J.コペルマンにヴァイオリンを、M.グーヤシュに室内楽を学ぶ。在学中より、ブラームスコンクール(オーストリア)、EMCY欧州連合青少年音楽コンクール(デン・ハーグ)において上位入賞。ドイツ国内でのリサイタルをはじめ、ハンガリー、イスラエル、日本での演奏会において、常に好評を得ている。2002年よりレーゲンスブルグ交響楽団コンサートマスターをつとめる。


吉田馨(よしだかおり)/ヴァイオリン・ヴィオラ
桐朋学園大学ヴァイオリン科卒業。同大学研究科にてヴィオラを岡田信夫、店村真積の各氏に師事。ウィーン国立音楽大学にてS.フューリンガー氏に師事し、審査員全員一致の最優秀にて卒業する。同大学学内コンクール優勝。アメリカ、ヨーロッパ各地にてソリスト、室内楽奏者として活躍する。北九州音楽祭において特別賞受賞。ウィーン室内管弦楽団首席奏者、エッセンフィルハーモニー第一首席奏者、ヨーロッパ室内管弦楽団を経て、オスナブリュック交響楽団首席奏者。現代音楽を専門とする様々なアンサンブル、古楽器オーケストラへのゲスト出演など、ソリスト、室内楽奏者として活躍中。

バーリント・ゲルゲリー/チェロ
プロイセン室内管弦楽団にて首席奏者をつとめるバーリント・ゲルゲリーは、ハンガリー国立音楽コンクールをはじめとする数々のコンクールでの優勝歴はもとより、ソリストとしても日々各地のオーケストラと共演する、ドイツのチェロ界を担うチェリストの一人である。バルトーク音楽院、レイナ・ソフィア音楽院、ブレーメン音楽大学を最優秀の成績で卒業。現在はヨーロッパ各地の音楽祭にて室内楽奏者としても活動し、そのおおらかな音楽性と緻密な計算によって打ち出されたテクニックにより、多数の音楽家より大きな信頼を置かれている。今後も一層の活躍が期待される注目のチェリストである。

飛田勇治 (とびたゆうじ) /コントラバス
日本大学芸術学部音楽学科にて牧田斉氏に、ウィーン国立音楽大学にて故L.ストライヒャー、M.サガットの各氏に師事。 同大学を審査員全員一致の最優等賞にて卒業し、ミュンヘン交響楽団に入団。ミュンスター市立歌劇場第三首席奏者、ハーゲン市立歌劇場第二首席奏者、南ヴェストファーレンフィルハーモニー第二首席奏者、新日本フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラーを経て、現在広島交響楽団にて活躍中。室内楽の演奏活動においても国内外を問わず高い評価を得ている。 長年ヨーロッパにおいて培われてきた彼の演奏は、ウィーン・L・ストライヒャー奏法の継承者として注目が集められている。

ニコラス・リンマー/ピアニスト
現在、ハノーファー音楽大学にて後進の指導に当たるニコラス・リンマーは、イーストボーン管弦楽団コンクール第1位、K.ベルゲマンコンクール第1位、BBC青少年音楽賞ファイナリスト、ケンブリッジ大学D.ワート賞を受賞するなど、幼少の頃より、その才能を発揮してきたピアニストである。
2005年に、ロンドン・ヴィグモアーホールにてソロデビューを果たし、2003年より、ドイツ・ハノーファー音楽大学にて、C.オークデン教授のもとでソリストとしての研鑽を積む。また、リート伴奏法を、J.ゼイェン、J.P.シュルツェのクラスにて学ぶ。また、バーミンガム・ベストアカンパニスト賞第1位を受賞し、サー・ヘンリー・リチャードソン奨学金を得るほか、ドイツ音楽コンクールにて、ピアノ・ベストパートナー賞を受賞、また、ドイツ国内におけるヤングミュージシャンベスト50の中の一人に選ばれた。その後もヨーロッパ各地、アメリカも含めた全世界にわたる演奏活動とCD録音を続け、クラシック界の若い世代を担うピアニストの一人として、大きな期待が寄せられている。

主催:ドイツカンマーゾリステン
協賛:ドイツルフトハンザ航空会社 ブラザー工業株式会社 
後援:大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館 ドイツ文化センター(京都) 財団法人 日本室内楽振興財団 名古屋日独協会 「日本ライン」犬山日独協会
協力:名古屋電気文化会館


[PR]
by d_kammersolisten | 2010-02-15 17:21 | 2010