<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 去る10月27日(土)午後6時より、ハノーファー・リンデマンスホーフにて、東日本大震災のためのチャリティーコンサートが行われました。
 このコンサートに出演するために、ドイツカンマーゾリステン講習会講師、ニコラス・リンマーの呼びかけにより、アンナ・ビネタ・ディオウフ(メゾソプラノ)、シモン・ボーデ(テノール)、マイケ・ベトラム(ヴァイオリン)、マルクス・クルーシェ(クラリネット)、アンドレアス・ヘリング(ピアノ)、ニコラス・リンマー(ピアノ)、吉田馨(ヴィオラ)という多彩なメンバーがドイツ各地から集まってくれました。コンサートでは、「ポプリ」というユニークなテーマで、約70名のお客様に、ヒンデミット、モーツァルト、ブラームス、シューベルト、ストラヴィンスキーなど、様々な小品を約2時間半にわたってお聴きいただきました。
 コンサートの収益金は1,185ユーロとなり、この収益金は、来夏2013年にドイツカンマーゾリステンが行う宮城県石巻市での慰問コンサート、『ドイツと日本・絆コンサート』の開催のために使われます。被災した現地の大人と子供のために音楽を贈ろう、というプロジェクトに賛同してくださったリンデマンスホーフの持ち主であるシュピールホフ御夫妻、コンサート当日にお集まりくださったお客様方、そして、多忙を極める中をコンサートで演奏するために集まってくれた音楽の仲間たちに心から感謝いたします。
 ドイツは、日本から1万キロ近くも離れています。こんなに離れたところにいるドイツの方々が、音楽を通じて被災した現地の方々に寄り添いましょうという気持ちを持ってくださっていることを、大変幸せに思います。
 ドイツカンマーゾリステンの『日本とドイツ・絆コンサート』は、様々な方のご援助をいただきながらこれからも続けていく予定です。
[PR]