<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドイツで活躍する音楽家と共演して音楽を学ぶ
第6回ドイツカンマーゾリステン講習会2013 
Deutsche Kammersolisten Sommerkurs 2013


レナ・ノイダウアー(ヴァイオリン/ドイツ・ザール音楽大学教授)
吉田馨(ヴァイオリン・ヴィオラ/ドイツ・オスナブリュック交響楽団首席奏者)
ヤコブ・シュパーン(チェロ/バイエルン国立歌劇場第一首席奏者)
飛田勇治(コントラバス/広島交響楽団コントラバス奏者、元ドイツ・南ヴェストファーレンフィルハーモニー第二首席奏者)
ニコラス・リンマー(ピアノ/ドイツ・ハノーファー音楽大学講師)

開催期日:2013年7月30日(火)~2013年8月10日(土)
開催場所:名古屋青少年文化センター[アートピア]名古屋市中区栄3−18−1Tel.052−265−2088
     名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール 名古屋市中区栄2−2−5 Tel.052−204−1133   
主催:ドイツカンマーゾリステン http://dsolisten.exblog.jp
後援:大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館 名古屋日独協会  豊橋日独協会
協賛:フォルクスワーゲン
協力:名古屋電気文化会館



ドイツ各地のオーケストラにて首席奏者として、また音楽大学で教鞭を取る演奏家たちによる講習会を開催いたします。

—ドイツカンマーゾリステン講習会の特徴
この講習会の最大の特徴は、ソロのレッスンではヨーロッパの最新のテクニックをきめ細かく徹底的に、また、室内楽のレッスンでは、ドイツから来日する講師たちが演奏する室内楽のグループの中に受講生が入り、共演しながら音楽を学ぶことができるところにあります。

—室内楽は音楽の基本です。
室内楽は、各作曲家の音楽を知るための、最も有効な方法です。各楽器のソロのレッスンだけではなく、実際に他の音楽家とともに音楽を共有することで、音楽の本質に触れることが出来ます。演奏者同士、音楽を通じて対話が生まれるという、音楽家にとって最も大切なことを学んでいただくという点が、この室内楽レッスンの目的です。

—ヨーロッパの教育方法を体験してみましょう。
ヨーロッパの音楽を志す子供たちや青少年は、子供の頃から、ソロの勉強に加えて、室内楽の重要さを強く認識し、熱心に取り組んでいます。ドイツカンマーゾリステン講習会を受けることで、日本で音楽を目指すみなさまが、日本に居ながらにして生のヨーロッパの音楽教育を体験することができるでしょう。

—日本とドイツで講習会の成果を発表することができます。
また、それぞれのクラスの講師より選ばれた方々には、期間中に行われる「 修了コンサート(ソロ)」と「講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」に出演、講習会で習得した成果を披露していただきます。また、「講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」に出演された方の中から最も優秀な方々には、リンデマンスホーフ・プライズが与えられ、2014年3月にドイツ・ハノーファーで行われる室内楽コンサートに出演する資格が与えられます。

この講習会を受けることで、音楽家を目指す方々にとっては、ドイツ音楽界の第一線で活躍する講師たちからソロ、室内楽ともに、音楽家になるための基盤になることの数々を学ぶ絶好の機会となるでしょう。ぜひご参加ください。

講習会概要
*開催期間:2013年7月30日(火)~2013年8月10日(土)
*開催場所: 名古屋青少年文化センター[アートピア]名古屋市中区栄3−18−1Tel.052−265−2088
名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール 名古屋市中区栄2−2−5 Tel.052−204−1133

*各コースのご案内と受講料
I.室内楽体験コース75,000円
 2回(ソロレッスン)+1回(室内楽レッスン)
 ソロのレベルアップに加えて、室内楽レッスンで音楽の本質を学ぶことを体験していただくコースです。
II.ソロ・室内楽集中コース 95,000円
 2回(ソロレッスン)+2回(室内楽レッスン)
 テクニックと音楽面両方の確実な実力アップを目指す方にお勧めです。
III.室内楽特別コース85,000円
 3回(室内楽レッスン)
 3回の室内楽レッスンをドイツの講師とともに演奏し、課題曲目をじっくりと学ぶことが出来るコースです。
IV.ピアノソロコース75,000円ピアノのみ
 3回(ソロレッスン)
 ソロレッスンで集中的に学ぶコースです。
※室内楽レッスンは、すべてドイツから来日する講師と共演しながら学びます。
※ご自分でアンサンブルを組んでの受講をご希望の方は特別枠となりますので、メールで問い合わせてください。
※ 各コースを組み合わせての受講も可能。また、ソロ、室内楽レッスンをオプションで付け加えることも出来ます。料金については、メールで確認してください。
※レッスンの時間割はなるべく受講者の方のご都合に合わせて調整いたします。お申し込みの際にお知らせください。
※原則的に、講習会時間割送付後のレッスン時間の変更はできませんのでご了承ください。
※受講料は、お申込と同時にお振り込みください。
*受講資格:専門的な音楽家、音楽家を目指す小中学生・高校生、音楽専科の高校生・大学生
*受講曲:ソロ/各自で選択した受講希望曲1〜2曲  室内楽/課題曲より一曲を選択 
*修了演奏会:講師より選ばれた方には、8月8日に行われる修了コンサート(ソロ)、及び8月9日「講師と受講生によるジョイントコンサート」(室内楽)に出演していただくことが出来ます。
*伴奏:講習会のソロレッスンに伴奏者はつきません。伴奏者を連れての受講を希望される方は、お申し込みの際にその旨をお伝えください。
また、修了コンサート」に出演される方の伴奏は、講習会専属の伴奏者がいたします。
*通訳:すべてのレッスンはドイツ語、または英語にて行われます。通訳が必要な方は、申し込み用紙にご記入の上、通訳料10,000円を受講料に添えてお振込みください。
*聴講:聴講料30,000円 すべてのレッスンを聴講していただけます。6月30日(日)までにメールにてお申し込みください。
*キャンセルについて:7月1日以降のキャンセルについては、受講料を半額お支払いいただきます。ただし、募集人数を上回った場合の書類選考により受講取りやめとなった場合は全額を返金いたします。
*リンデマンスホーフ・プライズ:「講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」に出演された方の中から最も優秀とされた方々に『リンデマンスホーフ・プライズ』が与えられ、受賞者には、2014年3月にドイツ・ハノーファーで行われる室内楽ワークショップとコンサートに参加する資格が与えられます。この旅行にかかる旅費、その他の費用は自己負担となります。なお、受賞者は、『講師と受講生によるジョイントコンサート』の後に行われる修了式にて発表されます。受賞された方には、必ずご参加いただくこととなります。詳しい情報については、dsolisten.exblog.jp/をご覧ください。

室内楽レッスン受講課題曲 楽譜は必ず指定の版を使用してください。
*K.シュターミッツ ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲作品10ドブリンガ―
*J.M.ルクレール 二台のヴァイオリンのためのソナタ第5番ハインリッヒスホーフェン
*L.v.ベートーベン ピアノ四重奏曲 ニ長調 WoO36-2ヘンレ
**L.v.ベートーベン ピアノ三重奏曲 ハ短調 作品1−3ヘンレ
**W.A.モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 KV478ベーレンライター
**W.A.モーツァルト ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 KV493 ベーレンライター
**C.M.v.ウェーバー ピアノ四重奏曲 変ロ長調ショット
**F.メンデルスゾーン ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品1ペータース
***W.A.モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 第1番
ト長調 KV423ベーレンライター
*** W.A.モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 第2番 変ロ長調 KV424ベーレンライター
***J.ブラームス 弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調 作品18ベーレンライター
***J.ブラームス 弦楽六重奏曲 第2番 ト長調 作品36ベーレンライター
***R.シューマン ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47ヘンレ
***G.フォーレ ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品15ベーレンライター
***F.シューベルト ピアノ五重奏曲「鱒」 イ長調 D-667ベーレンライター
***E.v.ドホナーニ ピアノ五重奏曲 ハ短調 作品1ドブリンガー
***R.シューマン ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44ヘンレ
***A.ドヴォルザーク ピアノ五重奏曲 イ長調 作品5ベーレンライター
*初級者向き
**中級者向き
***上級者向き
※室内楽レッスンの振り分けは、なるべく同じグループで演奏する講師の数が受講生の数よりも多くなるように配慮していますが、その曲目を希望される受講生の数によっては、かならずしもそうなるとは限りませんので、ご了承ください。また、室内楽レッスンには、該当する楽器の講師がすべて参加いたしますので、一緒に演奏する講師の数に関わりなく、きめ細かな指導を受けることができます。

*申込方法:申込用紙に必要事項を書き込み下記の住所に郵送、または必要事項を書き込んでメールでお申込下さい。
*送り先:郵送の場合 封筒に「ドイツカンマーゾリステン講習会申込書在中」と明記してください。
           宛先 ドイツカンマーゾリステン代表 飛田勇治
              〒175−0092
              東京都板橋区赤塚3−20−7
Tel.090−8301−5204
メールの場合  d_kammersolisten@yahoo.co.jp
後日、お申し込み確認のご連絡をいたします。7月5日までに確認の連絡がない場合はメールでご連絡ください。
*申込期限:2013年6月30日(日)(必着)
*受講料:お申込と同時に下記の振込先までお振込みください。
みずほ銀行青葉台支店 店番号395 口座番号(普)2061630 ドイツカンマーゾリステン

♢ドイツカンマーゾリステン講習会 修了コンサート(ソロ) 8月8日(木)午後6:00開演 5:30開場、場所:名古屋青少年文化センター[アートピア] 出演:受講生たち 入場料無料
♢ドイツカンマーゾリステン講習会 講師と受講生によるジョイントコンサート 出演:ドイツカンマーゾリステンと受講生たち 8月9日(金)午前10:15開演 午前9:45開場
♢ドイツカンマーゾリステン室内楽コンサート 〜イギリスの粋、墺独の雅〜 出演:ドイツカンマーゾリステン 8月10日(土)午後7:00開演 6:30開場
9日・10日場所:名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール 地下鉄東山線、鶴舞線「伏見」駅4番出口より東へ徒歩2分
入場料:2日通し券/全席自由3,500円(一般・前売り)4,000円(当日)2,000円(大学生以下)
[PR]
by d_kammersolisten | 2013-04-06 14:51 | 講習会情報
2013年3月にハノーファー・リンデマンスホーフで行われたワークショップとコンサートの参加した、細見理子さんの日記。

3/25 (月)
*午後6時頃Rindemanshof着
*夕食まで練習
Hanover空港に迎えに来て下さった馨先生、Dr.Spielhofさんの姿を見つけた瞬間、ものすごくほっとした自分がいた。初ドイツ、無事ひとりで来れたんだ!という気持ち。広大な車窓からの景色を眺めつつ、これからの滞在に思いを馳せてみる。
c0138836_15342736.jpg

More
[PR]
by d_kammersolisten | 2013-04-06 14:49
2013年3月にリンデマンスホーフでのワークショップとコンサートに参加した、大野萌菜さん(ピアノ)の日記。

c0138836_19274026.jpg


3/25 (月)ます mitザーネ(in西洋わさび、リンゴ)、ズッキーニのグラタン?
*リンデマンスホーフ着。ピアノがBoston(desighed by Steinway!)
*リンマー先生レッスン。

シュピールホフご夫妻にお会いした。とても柔らかくておおらかな雰囲気を持った夫婦だった。訪問者私たち全員をあたたかく包み込んでくれるような人たち。遠まきにじっと見守って気遣ってくれているのが伝わって、とてもうれしく、安心し、あたたかい気持ちになった。
リンマー先生のレッスン。レッスンの時はアドバイスに対して反応することに一生懸命になってしまった。でも、今までしっくり来ていなかったところがすとんと腑におちるような提案をいただいて、あとの練習で復習したら、今まで全く意識のなかった筋肉が疲れて、いかに意識しているつもりだけだったかに気づいた。
タッチのアクションを本当に必要なだけの動きですること、良く聞いてペダリングを変えること、フレージング。
今まで音を思い描いて、それを弾くという意識はしてきたが、思い描いて音を出す過程の準備の仕方を考えなくてはいけないということに気づいた。
なぜそのフレージングか?なぜそのダイナミクスか?疑問を持っていろいろな方向から曲を見ることが大切。
もっと自分の音楽を持ちたい。

More
[PR]
2013年3月にリンデマンスホーフでのワークショップとコンサートに参加した長谷眞結さんの日記。

3.25
昼前にハノーファーへ着き、シュピールホフ夫妻にお会いした。本当に素敵な方々で、穏やかで明るくて、家の中は終始なごやかな雰囲気だった。
練習をしていて、苦戦していると先生が来てアドバイスをくださったりする。こうして先生や仲間と共に生活をし、音楽が中心あり、とても充実していて素晴らしい環境だ。たくさんの方々に感謝。

c0138836_554490.jpg


More
[PR]
—リンデマンスホーフ・プライズとは?
リンデマンスホーフ・プライズは、ドイツカンマーゾリステン講習会のお申し込みの際にプライズにエントリーされた方で、室内楽の授業を受講し、さらにジョイントコンサートに出演された方の中から、講師陣によって選ばれた方に与えられます。
このプライズを受賞された方には、ドイツ・ハノーファー郊外にあるリンデマンスホーフで行われる室内楽ワークショップとホームサロンコンサートに出演していただきます。

—リンデマンスホーフとは?
リンデマンスホーフは、リタイヤされたお医者様ご夫妻(Mr.&Mrs.Spielhoff)が所有されているドイツ特有の歴史ある木組みの建物です。このお二人は、音楽や文学、絵画など芸術全般に深い造詣を持ち、普段から、プロの室内楽アンサンブルのリハーサル合宿や、ハノーファー音楽大学への海外からの交換留学生の受け入れなどで、日頃から若い世代の音楽家への支援を積極的にされている方々です。コンサートとリハーサルは、お二人が生活されている母屋にある約80平米のリビングルームで行われ、滞在する音楽家たちは、母屋の隣にあるアパートメントで生活することができます。このアパートメントには、最大で8名まで宿泊することができ、3つの部屋とリビングルームの他、キッチン、バス、トイレなど、生活に必要なものはすべてそろっていますので、こころおきなく練習に励むことができます。

—ワークショップとコンサートについて。
このワークショップは、ドイツで活躍する講師たちとともに、ドイツ・ハノーファーにて、3日から4日間をかけてじっくりと室内楽を勉強するワークショップです。コンサートでは、日頃から、リンデマンスホーフで行われるドイツの様々な音楽家の演奏を聴いていらっしゃる耳の肥えたお客様に演奏をお聴きいただく、絶好の機会です。また、共演する講師たちや他の受講生たちと衣食住を共にしながら、ドイツの空気の中で奏でる音の違いをはっきりと感じていただけることと思います。

—費用について。
このワークショップとコンサートに参加するための旅費や必要経費(現地交通費、飲食費など)は、すべて自己負担となります。また、この旅行についての責任は、すべて自己責任となります。なお、宿泊費については、無料となります。

c0138836_19192920.jpg
c0138836_1921259.jpg

c0138836_1922588.jpg

c0138836_1923465.jpg

[PR]