2009年度も、ドイツカンマーゾリステン講習会へのご参加をご希望くださり、ありがとうございます。
講習会要綱に記しましたご説明に加えて、皆様のお申し込みから講習会開催までの流れをご説明いたします。

6月30日の講習会お申し込みの締め切りのあと、皆様の室内楽レッスンの希望曲などを考慮の上、こちらの方で、レッスンの時間割を調整いたします。
レッスンの時間割は、だいたい7月15日までに皆様のお手元に届くよう、郵送またはメールにてご連絡させていただきます。その他の注意事項、また、お知らせなどもご一緒にお届けいたします。
7月15日を過ぎても上記の書類がお手元に届かない場合は、恐れ入りますが、090-6464-8216までご連絡ください。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2009-05-03 17:48 | 講習会情報
ドイツカンマーゾリステン2009は、豊橋日独協会のご協力を得て、豊橋日航ホテルでのサロンコンサートに出演いたします。
プログラムは、シューベルトの「ます」や、R.シュトラウスの「ロマンス」など、ドイツ・オーストリアの名曲を集めました。舞台の上で繰り広げられるドイツからの音楽家たちの音の会話を、ぜひご一緒にお楽しみください。
コンサートのあとには、豊橋日航ホテル自慢のフランス料理もお楽しみいただけます。

とき:7月26日(日)午後16時開演
ところ:豊橋日航ホテル
曲目:シューベルト「ます」より
   R.シュトラウス「チェロとピアノのためのロマンス」ほか
料金:10,000円(コンサートとコンサート後のディナー付き)
[PR]
# by d_kammersolisten | 2009-05-01 19:31 | 2009
ドイツカンマーゾリステン2009は、コンスタンツェハウス(岐阜県各務原市)でのサロンコンサートに出演いたします。
シューベルトの「ます」や、ロッシーニの「弦楽のためのソナタ」など色彩豊かで親しみやすい曲目と、楽しいおしゃべりを含めたプログラムで、客席の皆様と楽しい一夜を創れることを楽しみにしております。たくさんの方々のご来場をお待ちしております。

とき:2009年7月28日(火)午後7時開演
ところ:コンスタンツェハウス〜岐阜県各務原市東山5丁目8番地~
曲目:シューベルト「ます」より
   ロッシーニ「弦楽のためのソナタ」より
   R.シュトラウス「チェロとピアノのためのロマンス」ほか
参加費:3,000円(コンサート後の交流会費を含みます。)
お問い合わせ:コンスタンツェハウス0583−70−4948(Tel&Fax)
[PR]
# by d_kammersolisten | 2009-05-01 19:07 | 2009
今年度2009年のヴァイオリンクラスは、レーゲンスブルグ交響楽団コンサートマスターのシャンドーア・ガルゴッツィと、桐朋学園音楽科ヴァイオリン専攻を卒業し現在オスナブリュック交響楽団で首席ヴィオラ奏者をつとめる吉田馨の2講師のクラスがあります。
すでに、ヴァイオリンクラスの受講を希望される方からのお問い合わせがたくさん来ております。受講をご希望の方は、お早めにお申し込みください。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2009-04-06 16:24 | 2009
受講生の皆様、お待たせいたしました。
ドイツカンマーゾリステン2010講習会の要綱が出来上がりました。
お取り寄せをご希望の方は、d_kammersolisten☆yahoo.co.jpまでメールでお申し込みください。
(迷惑メール防止のため、上記のように表記しています。☆マークの部分を@に変えてご連絡ください。)

今年度は、昨年から引き続いて来日するガルゴッツィ、ゲルゲリー、吉田、飛田の4講師に加え、現在ベルリン芸術大学ピアノ講師、ジュリアード音楽院ピアノスタッフ、また、アートストリオのメンバーとしてヨーロッパとアメリカを日々行き来する毎日を送っているトーマス・ホッペがピアノクラスを受け持ちます。ホッペは、イツァーク・パールマン、ジョシュア・ベル、ドロシー・ディレイなど音楽界の重鎮となるヴァイオリニストと共演しているピアニストです。また、ヨーロッパの一流コンクールの公式伴奏者としても活躍しています。日本では、仙台国際コンクール優勝者の松山冴花さんのリサイタルの伴奏もつとめました。
彼のすばらしいテクニックと、生き生きとした音楽性を間近に見て、聴くことの出来る絶好のチャンスです。その気さくな人間性とともに、ピアノを専攻する方にはぜひ、この機会に彼の音楽に触れていただきたいと思います。
たくさんの方のお申し込みをお待ちしています。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2009-04-06 15:57 | 2009
ドイツカンマーソリステン2009年度の講習会の日程が決まりました。
2008年に引き続き、皆様のご参加を講師一同心待ちにしております。


ドイツカンマーソリステン講習会2009
開催期間:2009年7月27日(月)〜2009年8月7日(金)
開催場所:名古屋市青少年文化センターアートピア内、および、名古屋電気文化会館リハーサルルーム
講師:シャンドーア・ガルゴッツィ(ヴァイオリン)、吉田馨(ヴァイオリン、ヴィオラ)、バーリント・ゲルゲリー(チェロ)、飛田勇治(コントラバス)、トーマス・ホッペ(ピアノ)
レッスン内容:個人での参加希望の方
       ソロコース(ピアノのみ){ソロレッスン3回×60分}
       ソロ+室内楽コース{ソロレッスン60分×2回+室内楽レッスン1回×90分}
     アンサンブルを組んでの参加希望の方
       室内楽コース{室内楽レッスン90×2回}
募集人数:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ピアノ各クラス10名
お申し込み方法:2009年4月に発行される「ドイツカンマーソリステン講習会2009応募要綱」をご覧下さい。応募要項のお申し込みは、d_kammersolisten☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい。(☆マークの部分を@に変えてご連絡下さい。)
お申し込み期限:2009年6月30日(火)
受講料:ソロコース、ソロ+室内楽コースともに65,000円。室内楽コース85,000円
通訳について:ヴァイオリン、チェロ、ピアノのクラスのレッスンは、ドイツ語、または英語で行われますが、通訳が必要な方には、通訳料金として10,000円を頂きます。
お問い合わせ:ご質問のある方は、d_kammersolisten☆yahoo.co.jpまでメールにて、ご連絡下さい。(☆マークの部分を@に変えてご連絡下さい。)
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-11-27 17:44 | 2009
ドイツカンマーゾリステンでは、講習期間中の8月4日午後4時より、講師と受講生の方々との交流を兼ねたお茶会を企画しております。
レッスンの時間内だけではお話しきれない、ドイツの情報や音楽のお話など、ゆっくりとお時間が取れる良い機会です。受講生の方だけでなく、ご両親や先生など、たくさんの方にご参加いただきますよう、ここにご案内させていただきます。
お茶会への参加申し込みは、人数を確認の上、8月3日午前中までに、090−6464−8216までお知らせください。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-07-06 17:12 | 2008
7月に入り、2008年度の講習会も間近に迫って参りました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、講習会のお申し込み期間が過ぎ、ただいま事務的な処理をしております。
講習会の時間割、その他のお知らせは、7月15日までに皆様のご自宅に届くように郵送させていただきます。15日までに届かない場合や、ご質問などのお問い合わせは、090−6464−8216ドイツカンマーゾリステンまでお電話ください。

また、受講生の方々には、8月1日宗次ホール、8月8日電気文化会館でのコンサートのチケットをそれぞれ500円引きの特別割引で販売しております。
チケットのご予約なども上記のお電話番号にて承りますので、ご連絡下さい。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-07-06 17:02 | 2008
ドイツカンマーゾリステン2008の講習会の受講生募集状況をお知らせいたします。

ヴァイオリンクラス:定員に達しました。お申し込み頂いた方で、7月4日の時点でまだお申し込み書を送られていない方は、至急必要事項をご記入の上、ご郵送ください。

チェロクラス、ピアノクラス:お申し込み期限は6月30日まででしたが、まだ多少の空きがございます。
特に、ピアノクラスに限っては、ソロレッスンのみのご要望にもお応えしております。ドイツでは大変定評のある、ハノーファー音楽大学で教鞭をとるケンマーリング教授の流れを一番に汲むコンラード・エンゲルのレッスンを、この機会にぜひ受講してください。
受講のお問い合わせは、090−6464−8216ドイツカンマーゾリステンまでご連絡下さい。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-07-05 16:38 | 2008
この度のドイツカンマーゾリステン2008の講習会、また8月8日の演奏会は、自主企画に変更させていただきます。
この変更に従いまして、ドイツカンマーゾリステンの講習会、演奏会へのお問い合わせ先を変更させていただきます。講習会へのご参加のご希望の方は、d_kammersolistenアットマークyahoo.co.jpへ(アットマークの部分を@に変えてください。)、また一連の講習会、コンサートに関するお問い合わせ、チケットのご予約は090−6464−8216にご連絡下さい。
今回の変更に際して、皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、どうぞご理解のほどをお願いいたします。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-06-13 00:14 | 2008
みなさま、日本は桜吹雪の真最中ですね。いかがお過ごしですか?
こちらは3月30日から夏時間になりました。30日の午前2時に、ヨーロッパ中の時計が一時間進められます。朝は明るくなるのが遅くなる代わりに、夜はずいぶん遅くまで明るくなりました。日本との時差も8時間から7時間に狭まることになりますね。少しだけ、日本との距離が縮まったような気がしています。

さて、ドイツカンマーゾリステンは、7月26日の桜の庄兵衛でのコンサートに先駆けて、25日(金)大阪府箕面市「箕面サンプラザ」にて行われる「あそびりクラブチャリティーコンサート」に出演する事が決まりました。
このコンサートは、長年、筆者の地元箕面市で、「介護する人もされる人もいっしょに楽しい時間を過ごそう」をモットーに、老人介護のボランティア活動に当たっていらっしゃる「あそびりクラブ」さんをサポートするためのコンサートです。
出演者は、他にも箕面在住のアマチュアの音楽家の方々や、ウィーン在住でピアニストとして活躍していらっしゃる都田悦子さん、「音登夢」として関西圏で活躍中のヴァイオリニスト木村直子さん、などです。盛りだくさんのプログラムでみなさまにお楽しみいただこうという企画です。ドイツ人へのインタビューなども交えて、楽しいコンサートにしたいと思っています。
楽しく音楽を聴きながら、社会活動をサポートするこのコンサートに、ぜひご参加ください。

とき:2008年7月25日(金)
ところ:箕面サンプラザ一号館8階交流センター大会議室
チケット:2000円
お問い合わせ:072−720−1515
主催: 特定非営利活動法人あそびりクラブ
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-04-05 16:25 | 2008
大変長らくお待たせしていました、ドイツカンマーゾリステン講習会2008の子細情報をお届けします。

2008年度ドイツカンマーゾリステン講習会では、ドイツ各地のオーケストラで活躍し、また音楽大学で教鞭をとる若手演奏家たちから、音楽的技巧や実践を中心としたきめ細かな指導を受けることができます。また、カリキュラムに組み込まれた、講師とともに演奏しながら学ぶ室内楽レッスンでは、その時代における作曲家の曲の背景、演奏スタイルだけでなく、アンサンブルの際のテクニックを中心に学んでいただきます。それぞれのクラスの講師より選ばれた方々には、8月7日に中部楽器技術専門学校小ホールで行われる「スチューデントコンサート」でソロのレッスンの成果を、8月8日に名古屋電気文化会館ザ・コンサートホールで行われる「講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」では、室内楽レッスンで習得した成果を披露していただきます。
音楽の本場ドイツで活躍する音楽家たちからたくさんのことを学び、未来への飛躍の糧にすることのできる絶好の機会です。ぜひご参加ください。

講師:シャンドーア・ガルゴッツィ(ヴァイオリン/レーゲンスブルグ交響楽団コンサートマスター)
   吉田馨(ヴィオラ/オスナブリュック交響楽団首席奏者)
   
   飛田勇治(コントラバス/南ヴェストファーレンフィルハーモニー元第二首席奏者)
   コンラード・マリア・エンゲル(ピアノ/ソリスト・ハノーファー音楽大学講師)
開催期日:2008年7月28日(月)〜2008年8月8日(金)
開催場所:ナディアパーク7F 名古屋青少年文化センター
     中部楽器技術専門学校(名古屋市昭和区阿由知通3-13-6、Tel.052-741-6788)
主催:ドイツカンマーゾリステン
特別協賛:中部楽器技術専門学校
協賛:ルフトハンザドイツ航空会社/ブラザー工業株式会社

レッスン内容:個人レッスン(60分) 2回、室内楽レッスン(90分) 1回
受講資格:専門的な音楽家、音楽家を目指す小中学生、音楽学校の学生、あるいは音楽愛好家を対象としています。
募集人数:各クラス12名
お申し込み方法:090-6464-8216までお電話をいただくか、d_kammersolistenアットマークyahoo.co.jp (アットマークの部分を@に変えてください)までメールでご連絡ください。
お申し込み期限:2008年6月30日(月)
受講料:55、000円(税込み)
受講生によるコンサート:8月7日午後3時より中部楽器技術専門学校小ホールにて「スチューデントコンサート」、8月8日午前10時半より名古屋電気文化会館ザ・コンサートホールにて「講師と受講生による室内楽ジョイントコンサート」を開催いたします。それぞれのクラスより、講師に選ばれた方々に出演していただきます。
伴奏者:「スチューデントコンサート」に出演される方の伴奏は、講習会専属の伴奏者がいたします。尚、伴奏者をつれての受講をご希望の方は、お申し込みの際にその旨をお伝えください。
通訳について:エンゲル(ピアノ)のクラスは英語で、ガルゴッツィ(ヴァイオリン)のクラスはドイツ語で進行されます。通訳が必要な方は、申し込み用紙に必ずご記入ください。

*案内冊子をご希望の方は、090−6464−8216までご連絡下さい。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-03-19 07:52 | 2008
こちらドイツは3月も半ばとなり、ずいぶん暖かくなってきました。
長く、暗い冬が終わりを告げ、毎日どんどん日が長くなってきているのが感じられます。
もう、春はすぐそこまで来ています。

さて、8月8日の電気文化会館でのコンサートに加え、ドイツカンマーゾリステン2008の演奏をみなさまに聞いていただく機会が、もうひとつ増えました。

時:8月1日(金)午後7時開演(午後6時半開場)
場所:宗次ホール( 名古屋市中区栄4丁目5番14号 TEL:052-265-1715)
出演:シャンドーア・ガルゴッツィ(ヴァイオリン)
   吉田馨(ヴィオラ)
     
   コンラード・マリア・エンゲル(ピアノ)
プログラムは、
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのためのデュオ ト長調 KV423
ブラームス:チェロとピアノのためのソナタ 第1番 ホ短調 作品38
シューマン:ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
チケットのお問い合わせ:宗次ホールチケットセンター 052−265−1718

モーツァルトのデュオはおおらかに、ブラームスは深く優しく、シューマンは人間の心のつぶやきが聞こえてくる、いずれも名曲ばかりです。310席というキャパシティーの中で、聞く人も弾く人も、お互いの息づかいが触れ合えるような時間を楽しめるプログラムです。
どうぞ、みなさまお誘い合わせの上、ぜひともお出かけください。
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-03-19 07:08 | 2008
大変遅まきながら、「あけましておめでとうございます」。
(ちなみにドイツ語では、「Frohes neues Jahr!」です。)

こちらドイツのお正月はとっても地味ですが、大晦日には友人知人と集まってドイツのシャンペン(セクト)で乾杯、除夜の鐘の代わりに打ち上げ花火がたくさん上がって、寒空の中、楽しく年越しが行われました。

それぞれの街にあるオペラハウスや劇場では、恒例のオペレッタが上演されます。劇場にとってはここ一番のかきいれ時、たいてい午後と夜、2回上演されることが多いようですね。こちらオスナブリュックでもご多分に漏れず午後3時からと夜7時からの(私たち演奏者にとっては恐怖の...!?)2回公演でした。
一度でもご覧になった方はご存知でしょうけれど、大晦日のオペレッタ公演は一年のうちで唯一、『無礼講』公演でもあります。楽屋には一回目の公演前からおつまみやセクトが置かれていて、始まる前から乾杯の嵐。。。普段は、公演が終わるまではアルコール御法度令が厳重にしかれているので、よほどの強者でない限りしらふで演奏に挑みますが、この日ばかりは老いも若きも、ほろ酔い気分で演奏しています。
本当になんでもありのこの日の公演は、オーケストラピットの中で紙吹雪が飛んだり、風船を膨らませたり、色とりどりの紙テープをお互いの楽器に絡ませあったり(そのまま演奏するので、けっこう大変なのです。)。舞台の上では、台本にない台詞を言ってみたり、つるつる頭のテノール歌手が金髪のロングヘヤーに変わった勢いで女形さんになっていたり、と、本当のお祭り騒ぎとなります。(内緒の話ですが、指揮者にいたずらするのもありなんです...が、その内容は....ヒミツです。)

前置き(?)が長くなってしまいました。
2008年の夏、ドイツカンマーゾリステンのサロンコンサートが大阪でも行われることになりました。
場所は、江戸時代の旧家の面影そのままの雰囲気が味わえるギャラリー、大阪は岡町にある「桜の庄兵衛」です。www.syoubei.com 
常に本物を目指して運営に力を注いでいらっしゃる、桜の庄兵衛ご当主ご夫妻の日本文化への思いと、遠くヨーロッパはドイツから、クラシック音楽と楽器をたずさえて現れる私たちとの、楽しく、美しいコラボレーションコンサートにしたいと思っています。
大阪にいらっしゃるみなさまに、ぜひお聴きいただきたいコンサートです。

場所:桜の庄兵衛 豊中市中桜塚2-30-35
Tel&Fax:06-6852-3270
阪急宝塚線「岡町駅」下車・徒歩約10分
日時:2008年7月26日 午後4時と午後7時の2回
コンサートお申し込み:syoubei@tcct.zaq.ne.jp 
[PR]
# by d_kammersolisten | 2008-01-11 14:56 | 2008
寒さにもめげずクリスマスモードが全開のドイツより、2008年のドイツカンマーゾリステン演奏会情報をお届けします。

名古屋のみなさまには、昨年に引き続き「電気文化会館ザ・コンサートホール」にて、8月8日にお目にかかれることになりました。
プログラムのメインはかの有名なシューベルトの「鱒」。ほかにもベートーベンやロッシーニなど、聞いていただく方々にはもちろん、演奏する私たちもわくわくするような盛りだくさんの楽しいプログラムを予定しています。

そして!!
講習会受講生の方々には良いお知らせです!
室内楽コースを受講して下さる方々の中から講師に選ばれた方には、8月8日午前中に同じく「電気文化会館ザ・コンサートホール」で行われる「講師と受講生による終了演奏会」に出演していただきます。ドイツ人&日本人講師たちとともに実際に大きな舞台に立って演奏する大きなチャンスです。私たち講師陣も、日本の若い音楽家の卵のみなさんと一緒に演奏することを楽しみにしています。ぜひ参加して下さいね。

8月8日 午前(時間未定)〜ドイツカンマーゾリステン「講師と受講生による終了演奏会」
     午後7時(午後6時半開場)ドイツカンマーゾリステン室内楽演奏会
     プログラム:シューベルト「鱒」ほか
     出演:ドイツカンマーゾリステン2008
         コンラード・マリア・エンゲル(ピアノ)
         シャンドーア・ガルゴッツィ(ヴァイオリン)
         吉田馨(ヴィオラ)
        
         飛田勇治(コントラバス) 
[PR]
# by d_kammersolisten | 2007-12-22 09:12 | 2008